So-net無料ブログ作成

KEI-SKI 13/14 ニューモデル試乗(GW・かぐらにて)

毎年恒例の滑り納め合宿。

今年は、5/3〜5/4で。

出発は友人の仕事の関係で6:30と
GWとしては、超危険な時間帯。

案の定、大渋滞にズッポリはまり、
到着は11:00過ぎてしまった。
腰痛再発&股関節リハビリ中の自分なので
それでも充分だったけど。

2013-05-03 14.55.58.jpg
ジャイアントの様子。
かぐらは少しガスってた。
コースはご覧の通り、コブコブ。
腰を痛めないよう、慎重に慎重に。

2013-05-04 10.59.19.jpg
翌日は快晴。
やっぱり春スキーはこうでなくちゃ!

2013-05-04 11.56.16.jpg
第5ロマンスリフトからは
虹雲が見えた。

2013-05-04 11.58.13.jpg
山頂からの眺めもすばらしい。
山の木々に、雪が着いたままになっている。
GWにしては、気温が低め。
4月のような気温だった。

KEI-SKIの試乗会を開催していた。
なかなか乗る機会がないKEI-SKIだけど、
かぐらでは、たまに試乗会をやってくれている。
今回、久々に乗せていただいた。

ちなみに、GWのかぐらなので、
斜面はコブか荒れ地のみ(^^;
ちゃんとしたレビューにはならないかも・・・。

2013-05-04 14.20.16.jpg
新登場のEZO100
完全に深雪用のモデルなので、コブはけっこう大変だった。。。
でも荒れ地は、浮力を利用してものすごくラクに滑れた。
トップ&テールロッカーで、ソールもラウンドソール(ドーム型)なため
角が立たず、うねった斜面を何事もなかったかのように
スイーっと大回りで滑れた!
時間の流れが少しユックリになる一瞬を感じる。
183cmという長さも感じない。
このロッカーとラウンドソールでは、雪の下で操作をするための機能なのだが
荒れ地など、悪説の上でも効果を発揮するね。

2013-05-04 14.45.04.jpg
ARX15 デモモデル
ゼロベントモデルで、ロッカーやベントは入っていない。
しなやかな中に、強さを感じる。
KEI-SKIらしい、素直で繊細で、乗り手にやさしい。
オートマチックでターンしてくれないので、
自分から動いてターンを作っていくタイプ。
もう少しトップのつかみが早いといいかな。

友人はEZO74というピステ/オフピステ両方いけるモデルを
いたく気に入っていた。
自分も、このシリーズは2年前に履いたことがある。
その時もすごく良かったけど、
今回は時間がなかったのでパスした。
EZO74シリーズは当日の一番人気だったみたいなので
履いてみれば良かったな。。。

KEI-SKIは北海道で受注生産しているメーカーだけど
意外と知らない人が多い。
素直で良い板を作っていて、固すぎず、
足下でしっかりとスキー操作をすることが出来る。

女性の中・上級者などにはオススメのメーカーです。

また、カラーやエッジの角度など
オーダーできる仕組みになっている。
ホントは色だけじゃなくて、ディケールの入れ方なんかも
オーダーできると良いんだけどな。
そんなに手間じゃないと思うし、折角のオーダーメイドなんだから。

サーフボードなんかは、その辺は当たり前だし
プロポーションまで、細かくオーダーできる。
スキーの場合、スリーサイズやフレックスまでとは言わないけれど
ディケールなんかは、いくらでも融通が利くはずだもんね。

そうした個性的なコスメの板は、
道具オタクの気があるスキーヤー達には、
リフト上なんかで強くアピールできると思うのだが・・・。

いずれにしても、
こういうハンドメイドのスキーが
もっとゲレンデにあふれると楽しい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます