So-net無料ブログ作成

滑り止め剤でスキーグローブ&ストックのグリップ感をアップ [スキー]

今シーズン、スキーウェアの新調に伴い、
グローブとポールもデザインを合わせて新調した。

しかし、これがイマイチだった。

先日、苗場でシーズンインをしてきた折に、それに気づいた。

ストックの握りが滑るのだ。

大回りの時は気にならないのだが、不整地や小回りなど
ストックをある程度強く突く必要があるときに、ズレる。。
握りが滑るので、今まで以上に強く握る必要があって
上半身に力が入る。

ストックのグリップとグローブの滑り止め素材の相性が悪いのだ。

ストックはロッシのVASグリップ。↓

d269032023.1.jpg

上級モデルで、突いた時の振動を抑制する機能も着いている優れものだが
この握り部分の素材がイマイチ粘らない。
しかし、他の人のグローブで握ると滑らない。

グローブはフェニックス。↓

2019-01-05 22.46.58.jpg2019-01-05 22.44.56.jpg

この握り部分の滑り止め素材も、イマイチ滑り止め効果に粘りがない。
しかし他のストックを握ると、特に滑る事もない。

つまり、通常よりも若干滑り止め効果が弱めの素材同士の
組み合わせになってしまったのだ。

そこで、100均で売ってる滑り止め剤。
東京に戻ってすぐに買ってきた↓

IMG_1687.JPG

キャンドゥで買ってきた。
「滑り止め液」というのね。

子供の靴下や軍手に簡易的に滑り止めを作れる。

コイツをグローブの滑り止めに追加。
ポチポチ塗って1日乾燥させる。
最初は白いが乾くと透明になる。

IMG_1691 1.JPG

黒くてイマイチ見にくいので、PCの前でもう一枚。

IMG_1692 1.JPG

アップで見るとこんな感じ。

IMG_1694 1.JPG

試しに握ってみると、まったく滑らない。

もっと大きく塗ってしまっても良かったかも知れない。
線にするとか。

これで暫く使ってみようと思う。

ストックのグリップ部にも塗ってみた。↓

IMG_1689.JPG

良い感じ。
春スキー用の薄手のグローブでも滑らないように。

強く突いているウチに、だんだんと剥がれてくるかもだけど、
そしたら、また追加で作ってやればよい。

滑り止め剤。
乾くと透明になるので、目立たなくて良い。
でも、意外に赤とか黄色とか、色つきの滑り止めになる商品もあったら
楽しいかも知れない。



nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。