So-net無料ブログ作成

3/24 パウダーだった [スキー]

早起きして、四半世紀振りに湯沢高原スキー場に行ってきた。

3/24といえば、湯沢あたりのスキー場がシーズン営業を終える頃合い。

しかしこの日は前日からの寒波の影響で、朝から雪、雪、雪。
高速も月夜野から先は雪で、除雪作業前に走っていたので、
久々に緊張した。
やはり、4月初旬まではスタットレスは必要だ。

バブル期以来の湯沢高原。
まだヘタッピで、友人の後について滑っていたので
どんなスキー場だったのか、ほとんど記憶がなかった。

朝一番で上がったが、フソウカップというのをやっていて、
関係者や出場者は、一般客よりも20分早くゲレンデに出ていた為、
メイン斜面はレーサー達のウォーミングアップで既にボコボコ。
楽しくない。

頂上の急斜面か、非圧雪バーンくらいしか滑る所がなかった。

3.24.jpg

非圧雪バーンは膝下くらいのパウダー。
久々のパウダー。
底づきすると、下にガリガリの氷がある。
でも、楽しかった。
午前中は、ほとんど非圧雪バーンを滑る人が居なかったので
一人で新雪ばかり10本以上滑った。
けっこう、練習になった。

今までは、新雪での切り替えで、上に抜けるクセがあったが
前に走りながら切り替えられるようになってきた。
この切り替えだと、新雪が浅くても底づきしにくく
滑走世もよい。
雪下のギャップも拾いにくい。

もっと深くて長いコースを滑りたいと思った。

急斜面は、朝のウチは踝ほどの新雪。
フワフワとした感触で、小回りして滑れたが
荒れてくると難しくなった。

フソウカップでメイン斜面が滑れないので
午後早めに上がった。
メイン斜面をカービングできたら、もっと長居してもよかったかな。
ちょっと滑り足りない所もあったが、それなりに収穫もあった。

IMG_1406.PNG

IMG_1407.PNG

このスキー場は、湯沢駅からも近いし、もっとスノボが多いかと思ったが
意外に少ない。
音楽が流れていなくて、鳥や風の音を聞きながらリフトに乗っていく。
静かな雰囲気で、綺麗な感じのスキー場だ。
子供達は下の布場ゲレンデで遊んでいるので、
ビギナーを連れてくるには、混んでいるガーラよりも湯沢高原の方が
リゾート感もあってよさそうだ。

ここは大人用のパークがないので、そういう設備をしたら
もっと人気がでるだろう。

SPAS_COLOR_201903240000.png


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。