So-net無料ブログ作成

渡部恒夫、信じてはいけない男 [雑感]

もう3ヶ月も前、スティグリッツが来日して
アベシンゾウと会談した。

この会談でスティグリッツは持論の経済政策を語ったとされ、
TPP反対、新自由主義に反対、再分配の重要性を語った。
消費税に関しては、会談後のカコミ会見で増税延期を述べたとされる。

このとき、報ステでゲストコメンテーターをつとめたのが渡部恒夫だ。
アメリカ大統領選のコメントを述べるのが主な役割だったが
そのニュースの後もスタジオに残り、コメンテーターとして
まだ、詳細が発表されていない時期だったとは言え、ウソをバラ撒きまくった。

watanabe_2007_09_02_1.jpg

この男は古館に聞かれてもいないのに
「スティグリッツ教授はTPPにも、もちろん賛成しています」
などとコメントしていた。
「私は留学時代、何冊もスティグリッツの本を読み勉強しました」

構造改革という名で、アメリカの利権を日本に植え付ける役割を担った
この目つきのワルイ男は、スティグリッツの経済政策とは180度異なる
主張を、「スティグリッツ」の主張として吹聴した。

実際はスティグリッツはアベノミクス的なる経済政策には反対で
先にも述べたとおり、適正な再分配と、新自由主義からの脱却、
当然、TPPにも反対している。
TPPに関しては「悪の協定」という、強い言葉で批判している。

Cdy1eMmUsAAEQx_.jpg

スティグリッツの本は読んでないか、読んでも内容を理解していないにも関わらず
渡部恒夫は恥ずかしげもなく、こうやって国民をミスリードしていく。

コイツは絶対に信用してはいけない。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。